zellatek.com

フランス料理の基本ポークソテー

フランス料理でビントロマグロを使う

フランス料理の基本ポークソテー ビントロマグロのハーブやきはフランス料理でよく使われているエストラゴンを利用したマグロのソテーであり、一味違ったフランスの味を楽しめるでしょう。そして乾燥ハーブとオイルを用意し、ピントロマグロの柵を1センチ程度の厚みにカットして、かるく塩を振っていきます。そしてグレープシードオイルを大匙半分ほど入れて焼き始めエストラゴンをパラパラ振り替えていきます。そして焦げ付かないように白ワイン15ccほど注いでいきます。

そして仕上げとしてしょうゆ、残りの白ワイン、バター、白コショウを入れて味を付けて、盛り付けてパセリとパプリカを振ります。そしてイタリアンぽくするにはバジルとオリーブオイルを振りかけてみることもいいでしょう。そして彩にしし唐をソテーして多してみてもいいです。そしておおめに作ってみれば翌日にはハーブが馴染みおいしくなりハーブが来ていますから、翌日でも魚臭くならないでしょう。そして、春野菜のラタトゥイユはフランス料理ですが、トマトで煮込んだ野菜が素朴でうまみたっぷりです。そしてトマトを使ったときはトマトソース入りません逆にトマトソースを使ったときもトマト入りませんから覚えておきましょう。
Copyright (C)2017フランス料理の基本ポークソテー.All rights reserved.